東京都目黒区中根1丁目3-9 森戸ビル4F 各種保険取り扱い 電話番号 03-3718-7910

東京都,目黒区の鍼灸・整骨院【おのでら鍼灸接骨院】都立大学駅前。 学芸大学駅,自由ヶ丘駅,腰痛,肩こり,スポーツ障害等の治療。

院長ブログ

交通事故治療 詳しくはこちら
院長ブログ BLOG

Ameba

twitter

facebook

HOME»  院長ブログ»  院長ブログ

院長ブログ

院長ブログ
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

膝の痛みと治療法

JAMA誌2018年12月25日号掲載

パドバ大学Dario Gregori氏ら検討

変形性膝関節症患者における
薬物療法による長期的な疼痛緩和効果には
プラセボと比較して不確実性が存在

□■□■□■□■□■□■□■□

膝関節の痛みに関しては
様々な治療法があります

もちろん当院では
膝の痛みに鍼灸治療で対応しますが
それだけでは完全に痛みが無くなりません

膝が痛む一番の原因
膝周囲筋力の低下なので
やはり筋力トレーニングは必須です

鍼灸治療と筋トレ
これが膝関節の痛みに対して
最も有効な治療法です

まずはお気軽にご相談ください

おのでら

2019-02-09 09:39:19

週60分の筋トレで起こること

「Medicine & Science in Sports & Exercise」
10月29日オンライン版発表

米アイオワ州立大学准教授
Duck-chul Lee氏らの研究

筋トレなどのレジスタンス運動
週に60分まで行うと
心筋梗塞や脳卒中の発症リスク
有意に低下する可能性がある

一方、運動を週に60分以上行っても
心血管疾患リスクの
さらなる低下はみられないことも判明

□■□□■□□■□□■□□■□□■

内容を要約すると
内臓レベルでの健康を
維持しようと考えたら
長時間の運動は必要ではない
と、いうことですね

ただ内臓だけでなく
手足の筋肉も健康度を保とうとするなら
週60分の運動では足りません

内臓も肉体も
健康をも目標とするなら
毎日の定期的な運動
日課とするように心がけましょう

おのでら

2019-02-06 17:20:04

介護の問題は誰のせい?

政府は外国人労働者の受け入れ拡大に関し
介護業では事業所ごとに外国人の採用に
上限を設ける方針

介護施設で働く日本人の雇用を守るため
受け入れ分野別の「運用方針」の素案に明記

介護福祉士養成課程を修了した外国人は即戦力とみなし
特定技能1号の資格取得に必要な技能と日本語の試験を
いずれも免除することも盛りむ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

日本人の雇用を守るため
外国人の採用に上限?

そもそも日本人が介護職を希望しないから
外国の人に助けを求めるわけで

その時、その時の行き当たりばったりの
対応を今までしてきたことが
介護職における人員不足を招いた原因です

頭の良い人が考えているのでしょうが
すでに介護領域は破綻状態

どう考えても介護に対する
正当な報酬が支払われているとは思えません

ハードな仕事の割には低賃金
人材が不足するのも当然です

外国の方に頼るのも必要でしょうが
まずは介護に対する報酬を改善せずには
同じことの繰り返しになるのは必至…

自衛力の強化や
憲法の改正も大事なのでしょうが
その前にやるべきことの一つではないかと…?

おのでら

2019-01-30 19:21:51

踵の痛みと治療法

前回、踵の痛みについて触れましたが

今回はその原因追求と治療法について
触れていきます

そもそも踵は人体の中でも
非常に頑強に作られている場所です

その踵が痛みを起こすとは
どういうことか?

それには足の構造を理解しなければなりません

脚は股関節、膝関節、足関節で
構成されていて踵にかかる負担を
分担しますがそれらは主に
筋肉によって支えられています

つまり上記の関節は筋肉の疲労によって
硬くなり踵にかかる負担を分担できなくなります

しかしながらそれらの筋肉疲労は
それほど難しくなく改善します

それでも踵の痛みは
改善方向にいかないのです

他に問題がないか
調べてみると…

問題のある踵側の
足首から先の関節

①距骨下関節
②ショパール関節(横足根関節)
③リスフラン関節(足根中足関節)


これらの関節部分が問題のない足と比べて
硬くなっているのがわかります

私自身、この部分の硬さに
気がつかないでいました

おそらく走っている間に
上記①~③の関節周囲の人体に負担がかかり
結果として硬くなったものでしょう

この部分のストレッチや疲労回復は
非常に難しいものですが
当院ではこの部分に対し
INDIBAを用いて治療を行ってみました…

結果、踵の痛みに対して
顕著な回復状況を得る
ことができました

もちろん痛みがある場合
我慢して走ることは最も問題で
当然、安静が必要になると思います

その上でぜひ当院にご相談いただければ
お力になれるかと思います

まずはお気軽にご相談を!!

おのでら

2019-01-26 08:55:43

踵の痛みについて

今回は「ランナーの踵の痛み」について
触れてみたいと思います

踵の痛みは意外にも多くのランナーに
みかける症状のようですね

足底筋膜炎や骨棘(踵にできる骨)など
はっきりと診断のつくものから
原因が判明しにくいものまで色々ですが

安静にすること以外に
なかなか効果的な治療法が見当たらないものです

もちろん踵に関係する筋肉疲労を解消させたり
踵そのものに対しての治療が無いわけではありませんが
治療期間が長くなることは避けられません

当院でも踵に対して直接治療したり
間接的に筋肉疲労を解消したりするのですが
残念ながら効果的だとはいえませんでした

そういった中で
踵の痛みがなぜ起きるかを考えていたのですが…

結果…踵の痛みの原因は
踵そのものにはない
ということです

少し文章が長くなりそうなので
続きは次の回で触れたいと思います

おのでら

 

2019-01-23 19:47:31

歩くことは良いことなのですが

東北大研究グループが発表

1日に歩く時間が長い人ほど
認知症になりにくいとの研究結果

□■□■□■□■□■□■□■□

宮城県大崎市65歳以上の1万3990人が対象
1日の歩行時間を以下の3グループに分け
「30分未満」「30分~1時間」「1時間以上」
約6年間にわたり認知症になった人がいるかを調査

「1時間以上」のグループで認知症になった人の割合は
「30分未満」のグループと比べて28%少

「30分~1時間」も「30分未満」より19%少
歩行時間が長いと認知症になりにくい傾向

65歳以上のすべての人が1日1時間以上歩けば
日本全体で認知症になる割合を18%抑えられる計算

□■□□■□□■□□■□□■□□■□

最近目にする論文の多くが
運動と認知症についてのものが多いようです

単純に、入院が長引けば長引くほど
認知症になりやすいことから考えても
この結果は当然のことでしょう

しかしながら

65歳以上にどうやって毎日1時間歩かせるか?
このことが最も難しい問題です

当院でも患者さんになるべく歩くよう
ことあるごとに伝えていますが
なかなか毎日とまではいかないようです

さてどうしたものか?

歯磨きと同じように
習慣化するといいのでしょうけど…

おのでら

 

2019-01-19 08:57:54

座っていると糖尿病になる?

「Journal of Diabetes Investigation」
11月2日オンライン版掲載

福岡県久山町の一般住民を対象とした疫学調査

座位時間が長いほど糖尿病になりやすい可能性
これらの関連は運動量とは独立したものであったことから
糖尿病の予防戦略では座位時間をいかに減らすかとしている

解析の結果
座位時間が1日に6時間未満だった人に比べて
10時間以上だった人では糖尿病である確率が有意に高い

□■□■□■□■□■□■□■□■□■

歳をとればとるほど
体を動かす時間が短くなって
どうしても座っている時間が長くなります

座っている時間を短くするのに
色々な方法があるでしょうが
やはり一番いいのは日課を作ることが
最適なような気がします

簡単に言うならば小学校のころの
一日の時間割などがよいかもしれません

おじいちゃん、おばあちゃんがいるなら
薦めてみてはいかがですか?

おのでら

2019-01-16 09:07:50

子供と睡眠と

「Pediatrics」11月12日オンライン版発表

マギル大学Marie-Helene Pennestri氏らが実施した研究

1歳未満であれば夜間に
6~8時間まとまって眠らなくても

発達に異常があるわけではないことが明らかに

夜中に目を覚ましても
将来的に思考や言語
運動の能力に影響を与える可能性は低い
ことも

□■□■□■□■□■□■□■□■

子供の睡眠には個人差があり
朝までぐっすり眠れる子や
何度も目が覚める子など様々です

今回の研究によれば
それらの個人差は健康にも
将来の能力にも影響がないとのこと

しかしながらあまりにも
夜、何度も目が覚めると
親のほうがぐったりしてしまいます

そんなときは
はり治療が効果的です

昔から夜泣き、疳の虫(かんのむし)には
小児はりが行われていました

みなさんにもぜひ知ってもらいたい
昔からの伝統です

まずはお気軽にお問い合わせを

おのでら

2019-01-09 08:35:44

あさぬきよるぬき

米科学誌「プロスワン」掲載

朝食を抜くと体内時計が狂い
肥満につながりやすい



□■□■□■□■□■□■□

名古屋大の小田裕昭准教授らのチーム

ラットを用いた実験
片方は活動開始から食事を与え
片方は食事を4時間遅らせ
人間の「朝食抜き」に相当する状態に

その結果、食事の量に差はなかったが
朝食抜きのグループは脂肪が増え
朝食をとったグループよりも体重が増加

朝食抜きのグループは
肝臓で脂質の代謝に関係する
遺伝子の働きが遅れていた

食事中の体温上昇時間も短かく
肝臓や体温のリズムの異常から
エネルギーの消費量が減少し
太ったと考えられる

□■□■□■□■□■□■□

食事のとり方は個人差がありますが
やはり一日のはじまりである朝に
食事をとることにメリットがありそうです

逆に夜の食事量を成長期以降は減らし
寝ている間の負担を少なくして
朝にお腹が空くようにしておくと
よいかもしれませんね

おのでら

2018-12-13 19:25:06

あるくだけ認知症予防?

IJGP誌オンライン版
2018年10月22日号掲載

歩行時間が認知症発症に与える影響
1日1時間以上歩け
認知症発症の18.1%の減少に寄与する

□■□■□■□■□■□■□■□■□

歩くだけでなく
毎日のラジオ体操や
他の運動でも良いでしょう

少なくとも
家にとじこもって
脳トレするよりも
体を動かすことのほうが大事です

皆さんも運動習慣を
はやめに身につけましょう

おのでら

 

2018-12-12 09:34:58

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
PAGE TOP