東京都目黒区中根1丁目3-9 森戸ビル4F 各種保険取り扱い 電話番号 03-3718-7910

東京都,目黒区の鍼灸・整骨院【おのでら鍼灸接骨院】都立大学駅前。 学芸大学駅,自由ヶ丘駅,腰痛,肩こり,スポーツ障害等の治療。

院長ブログ

交通事故治療 詳しくはこちら
院長ブログ BLOG

Ameba

twitter

facebook

HOME»  院長ブログ»  院長ブログ»  踵の痛みと治療法

踵の痛みと治療法

踵の痛みと治療法

前回、踵の痛みについて触れましたが

今回はその原因追求と治療法について
触れていきます

そもそも踵は人体の中でも
非常に頑強に作られている場所です

その踵が痛みを起こすとは
どういうことか?

それには足の構造を理解しなければなりません

脚は股関節、膝関節、足関節で
構成されていて踵にかかる負担を
分担しますがそれらは主に
筋肉によって支えられています

つまり上記の関節は筋肉の疲労によって
硬くなり踵にかかる負担を分担できなくなります

しかしながらそれらの筋肉疲労は
それほど難しくなく改善します

それでも踵の痛みは
改善方向にいかないのです

他に問題がないか
調べてみると…

問題のある踵側の
足首から先の関節

①距骨下関節
②ショパール関節(横足根関節)
③リスフラン関節(足根中足関節)


これらの関節部分が問題のない足と比べて
硬くなっているのがわかります

私自身、この部分の硬さに
気がつかないでいました

おそらく走っている間に
上記①~③の関節周囲の人体に負担がかかり
結果として硬くなったものでしょう

この部分のストレッチや疲労回復は
非常に難しいものですが
当院ではこの部分に対し
INDIBAを用いて治療を行ってみました…

結果、踵の痛みに対して
顕著な回復状況を得る
ことができました

もちろん痛みがある場合
我慢して走ることは最も問題で
当然、安静が必要になると思います

その上でぜひ当院にご相談いただければ
お力になれるかと思います

まずはお気軽にご相談を!!

おのでら

2019-01-26 08:55:43

院長ブログ

 
PAGE TOP