東京都目黒区中根1丁目3-9 森戸ビル4F 各種保険取り扱い 電話番号 03-3718-7910

東京都,目黒区の鍼灸・整骨院【おのでら鍼灸接骨院】都立大学駅前。 学芸大学駅,自由ヶ丘駅,腰痛,肩こり,スポーツ障害等の治療。

院長ブログ

交通事故治療 詳しくはこちら
院長ブログ BLOG

Ameba

twitter

facebook

HOME»  院長ブログ»  院長ブログ»  子供と洗剤

子供と洗剤

子供と洗剤

「CMAJ」2月18日号掲載
サイモン・フレーザー大学Tim Takaro氏

生後数カ月までの間に
家庭用洗剤に頻繁に曝される

3歳の時点での
喘息リスクが高まり得る


乳児は一般に
80~90%の時間を屋内で過ごす上に
呼吸数が多く
常に床や壁などに接しているため
肺や皮膚からの化学物質曝露の影響を
受けやすいのではないかと説明している

□■□■□■□■□■□■□

解析の結果、洗剤への
曝露レベルが高かった乳児は
低かった乳児に比べ
3歳時の喘息診断率が高く(7.9%対4.8%)
反復性喘鳴の発症率も高(10.8%対7.7%)

ほか香料入りのスプレー式洗剤は
喘息や喘鳴のリスクとの関連が
極めて強いことも分かった

□■□■□■□■□■□

研究チームによると
洗剤内の化学物質が炎症反応を誘発し
乳児の気道が損傷を受けることにより
喘息や喘鳴が
生じている可能性が考えられる

またヒトの健康維持に
重要な役割を果たす常在微生物叢が
家庭用洗剤に曝露することで
変化することが関係している可能性もある

□■□■□■□■□■□

洗剤の種類にもよるだろうし
子供の体質にもよるだろうけど

小さいお子さんを
育てている方は
少しだけ気にしてもらう
知識かもしれません

おのでら

2020-06-02 11:23:42

院長ブログ

 
PAGE TOP