東京都目黒区中根1丁目3-9 森戸ビル4F 各種保険取り扱い 電話番号 03-3718-7910

東京都,目黒区の鍼灸・整骨院【おのでら鍼灸接骨院】都立大学駅前。 学芸大学駅,自由ヶ丘駅,腰痛,肩こり,スポーツ障害等の治療。

院長ブログ

交通事故治療 詳しくはこちら
院長ブログ BLOG

Ameba

twitter

facebook

HOME»  院長ブログ»  院長ブログ»  新型コロナで小児が重症化しにくい理由

新型コロナで小児が重症化しにくい理由

新型コロナで小児が重症化しにくい理由

「Science Translational Medicine」
  9月21日オンライン版掲載

イェール大学教授の
Kevan Herold氏らの研究結果

新型コロナウイルスへの感染に対し
小児と成人では免疫系の反応が異なる

成人に新型コロナウイルス感染症の
重症例が多い理由を説明できる可能性

□■□■□■□■□■□

COVID-19が発生した当初から
成人に比べて小児の感染者では
軽症者が多いことが指摘

多系統炎症症候群を発症した小児でも
死亡例はまれ

※多系統炎症症候群
 新型コロナウイルスに感染した
 こよによる重度の炎症性疾患

Herold氏らは
COVID-19に罹患して入院した小児
および24歳未満の若年成人患者65人と
成人患者60人から採取した血液と細胞を調査

結果
患者の年齢が若いほど
インターロイキン17A(IL-17A)と
インターフェロン・ガンマ(INF-γ)
の値が高いことが明らかに

IL-17Aは
感染初期に免疫系の反応を促す

INF-γは
ウイルスの複製を抑える作用

両分子とも
先天的に備わっている
自然免疫系の一部
感染後の早い段階で活性化

成人患者では
若年成人患者に比べて
T細胞による強い適応
(獲得)免疫応答が認められた

適応免疫は、出生後
病原体などに接することで獲得
後天的な免疫機構である

成人患者では小児患者に比べ
血清中の中和抗体価や
抗体依存性細胞貪食能が高い

□■□■□■□■□■□■□

結果からHerold氏らは
「特定の種類の免疫反応を
 高めることが
 COVID-19患者に
 有益である可能性がある」

「血清中のIL-17AとINF-γは
 小児で濃度が高い事が驚きだ」

研究チームは保護作用があると
考えられている特定の抗体反応が
小児に比べてCOVID-19の重症患者を
含めた成人で高かったことにも驚いた

研究論文の上席著者
アルベルト・アインシュタイン
医科大学教授のBetsy Herold氏は

「我々の研究結果が示唆するのは
 小児ではウイルス感染に対し
 早期に強力な免疫系反応が起こり
 重篤な肺疾患への進行を
 防いでいると考えられる」

□■□■□■□■□■□

おのでら

2020-12-09 16:11:32

院長ブログ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
PAGE TOP