東京都目黒区中根1丁目3-9 森戸ビル4F 各種保険取り扱い 電話番号 03-3718-7910

東京都,目黒区の鍼灸・整骨院【おのでら鍼灸接骨院】都立大学駅前。 学芸大学駅,自由ヶ丘駅,腰痛,肩こり,スポーツ障害等の治療。

院長ブログ

交通事故治療 詳しくはこちら
院長ブログ BLOG

Ameba

twitter

facebook

HOME»  院長ブログ»  院長ブログ»  タッチスクリーンは成長の妨げ?

タッチスクリーンは成長の妨げ?

タッチスクリーンは成長の妨げ?

「Scientific Reports」
1月26日掲載

ロンドン大学
脳・認知発達研究センター
Tim Smith氏ら

スマートフォンやタブレットなどの
タッチスクリーン(TS)の使用

幼児の集中力の発達に
影響を及ぼす可能性がある
と報告

□■□■□■□■□■□■□

2015年10月〜2016年3月
スクリーンタイムが異なる
生後12カ月の乳児を対象
2.5年にわたって追跡

TSの使用と
集中力との関連の解明を分析

対象者には
生後12、18カ月時、3.5歳時
PCを使った課題を行わせ集中力評価

解析結果

TSをよく使う幼児では
あまり使わない幼児に比べ
スクリーン上に現れた
オブジェクトにより速く目を向け
気を散らすオブジェクトを
無視できないことが明らかに

□■□■□■□■□■□

論文の共著者
バース大学のRachael Bedford氏
「次に検討すべきはスクリーン上の
 気を散らすオブジェクトへの
 注目度が高まることが
 現実世界での集中力と
 どう関連しているか」

「より複雑な環境への
 幼児の適応を示す兆候なのか
 集中力を要する課題の遂行が
 困難であることを示しているのかを
 明らかにすることが肝要」

□■□■□■□■□■□

この論文だけで
TSは発達の妨げになると
断定することは難しいです

追研究を
期待して待ちます

おのでら

2021-03-09 11:52:57

院長ブログ

 
PAGE TOP