東京都目黒区中根1丁目3-9 森戸ビル4F 各種保険取り扱い 電話番号 03-3718-7910

東京都,目黒区の鍼灸・整骨院【おのでら鍼灸接骨院】都立大学駅前。 学芸大学駅,自由ヶ丘駅,腰痛,肩こり,スポーツ障害等の治療。

院長ブログ

交通事故治療 詳しくはこちら
院長ブログ BLOG

Ameba

twitter

facebook

HOME»  院長ブログ»  院長ブログ»  妊婦とカフェイン

妊婦とカフェイン

妊婦とカフェイン

「Neuropharmacology」
 3月15日発行号掲載

ロチェスター大学の
John Foxe氏らの研究

妊娠中のコーヒー摂取が
子どもの成長後の問題行動に
つながる可能性がある


9,000人以上の子供達の
脳MRI検査データを解析

妊娠中コーヒー接種の女性と
そうでない女性の子供とで
脳の構造にわずかな差

□■□■□■□■□■□■□

Foxe氏らは
9~10歳の子供9,157人の
脳MRI検査画像データを利用

母親に妊娠中の
コーヒー摂取量を思い出してもらい
量と子どもの脳MRI画像との間に
何らかの関連が見られるかを検討

□■□■□■□■□■□■□

結果

妊娠中のコーヒー摂取の
有無による相違が認められた

この相違は
注意力の欠如や多動などの
行動異常と関係する可能性

精神病理学的な検査の結果
妊娠中にコーヒーを
摂取した母親の子供で
問題行動の評価スコアが
高いことも判明

□■□■□■□■□

これまで長年にわたり
流産や早産のリスクを下げる為
妊婦はカフェインの摂取を
控えるべきとの指導

今回の研究では
摂取量を問わず

妊娠中カフェイン摂取で
生まれた子どもが後年に
行動面で問題を抱える
可能性が高まることが示された

□■□■□■□■□■□

Foxe氏によると
「妊娠中に摂取したカフェインが
 胎盤を通過することは既知の事だが

 胎児の脳に影響を与える機序や
 妊娠中のどの時期での摂取が
 特に危険なのかなどについては
 解明されていない

 今回の研究ではカフェイン摂取による
 子どもの知能や思考力への
 影響は認められず」

□■□■□■□■□■□

カフェインは
覚醒作用、解熱鎮痛作用
強心作用、利尿作用と
有用な効果があります

200ミリグラム以下であれば
産まれた子供に直接影響はなく
問題ないとされてはいます

が、回避できるのであれば
ノンカフェインに
代えるのも一考です

おのでら

2021-04-16 17:14:24

院長ブログ

 
PAGE TOP