東京都目黒区中根1丁目3-9 森戸ビル4F 各種保険取り扱い 電話番号 03-3718-7910

東京都,目黒区の鍼灸・整骨院【おのでら鍼灸接骨院】都立大学駅前。 学芸大学駅,自由ヶ丘駅,腰痛,肩こり,スポーツ障害等の治療。

院長ブログ

交通事故治療 詳しくはこちら
院長ブログ BLOG

Ameba

twitter

facebook

HOME»  院長ブログ»  院長ブログ»  低血糖と指導と

低血糖と指導と

低血糖と指導と


「Journal of General
Internal Medicine」1月21日掲載

ジョンズ・ホプキンス大学のScott Pilla氏ら

低血糖リスクに関する
医師から患者への療養指導が
十分ではない


□■□■□■□■□■□■□

低血糖は糖尿病治療に伴う
副作用の中で最も一般的であり
かつ重篤になる可能性

2018年成人糖尿病患者
2万188人を対象調査では
対象者の12%が調査前年に
重度の低血糖を経験報告

□■□■□■□■□■□■□

Pilla氏らは医師と患者間の
低血糖に関するコミュニケーションの頻度と
その内容を調査

調査手法

糖尿病薬が処方されている33人の
受診した際に交わされた会話を分析

□■□■□■□■□■□■□

音声を解析した結果

低血糖に関する会話は
診療機会の4分の1(24%)のみ
記録

また16%の頻度で
低血糖を来したとの報告

医師が低血糖の頻度や重症度
または生活の質(QOL)への影響を
評価しようとした形跡は
ほとんど見られず


低血糖の一般的な情報提供は21%

無自覚性低血糖のリスクについて
診療機会の8%

□■□■□■□■□■□■□

結果についてPilla氏
自動車運転時の低血糖に言及
「低血糖で思考力が低下するなどの影響で
 事故を起こす確率が高くなる。

 低血糖の可能性がある糖尿病患者に対し
 自動車運転時の注意に関する情報提供を
 臨床医があまり行っていないことが明らかに。
 対策を早急に議論すべき重要なポイント」

「臨床医は
 糖尿病薬を服用している患者に対し
 十分な療養指導の必要がある。

 患者も受診の際
 低血糖の話題を
 医師に投げかけることも重要」

□■□■□■□■□■□

患者さんと
医療従事者との
コミュニケーションは
当然、重要です

が、しかし
十分にコミュニケーションが
とれているという思い込みは
注意しなければ!、と
考えさせられる論文です

おのでら


 

2021-05-11 15:57:04

院長ブログ

 
PAGE TOP