東京都目黒区中根1丁目3-9 森戸ビル4F 各種保険取り扱い 電話番号 03-3718-7910

東京都,目黒区の鍼灸・整骨院【おのでら鍼灸接骨院】都立大学駅前。 学芸大学駅,自由ヶ丘駅,腰痛,肩こり,スポーツ障害等の治療。

院長ブログ

交通事故治療 詳しくはこちら
院長ブログ BLOG

Ameba

twitter

facebook

HOME»  院長ブログ»  院長ブログ»  マラリアとデング熱

マラリアとデング熱

マラリアとデング熱

「The Lancet Planetary Health」

ロンドン大学大学院助教授の
Felipe Colon-Gonzalez氏ら

地球温暖化により
マラリアやデング熱などの
蚊が媒介する致死性感染症の
リスクに曝される人口が
数十億人増える
可能性

□■□■□■□■□■□

日本でも
熱帯化を感じる
今日この頃

そのうち
マラリアの予防薬を
内服する時代がくるのかも
しれませんね

おのでら

詳細は
下記の通り

□■□■□■□■□■□

Colon-Gonzalez氏ら
両疾患の発生地域が増加

症例のなかった地域に発生したり
数十年感染例のなかった地域で
再び感染者が現れたりする

マラリアの発生地が
高地にまで移行していたり

都市部で多いデング熱も
世界各地の都市化に伴い増大

マラリアとデング熱の
流行の長さに及ぼす影響の定量化と
疾患リスクに曝される
可能性のある人口の推定予測は
2100年まで

結果

マラリア流行が
北アメリカ北部
中央ヨーロッパ北部
アジア北部へと拡大

デング熱流行も
中央ヨーロッパ北部
北米まで広がることが予測

マラリア流行シーズンは
2070〜2099年には
1970〜1999年と比べ
最長1.6カ月延びる

デング熱流行シーズンは
西太平洋地域
東南アジア地域
東地中海地域の低地で最長4カ月
標高1,000m超の高地で
最長1.1カ月延びる

マラリアのリスク人口は増加し
2071年の36億人増加でピーク
以降は徐々に減少すると予測

2021-08-05 15:50:11

院長ブログ

 
PAGE TOP