東京都目黒区中根1丁目3-9 森戸ビル4F 各種保険取り扱い 電話番号 03-3718-7910

東京都,目黒区の鍼灸・整骨院【おのでら鍼灸接骨院】都立大学駅前。 学芸大学駅,自由ヶ丘駅,腰痛,肩こり,スポーツ障害等の治療。

院長ブログ

交通事故治療 詳しくはこちら
院長ブログ BLOG

Ameba

twitter

facebook

HOME»  院長ブログ»  院長ブログ»  若い時の肥満は

若い時の肥満は

若い時の肥満は

「JACC」6月21日掲載

カリフォルニア大学(UCSF)の
Jason Nagata氏らの研究結果

若いうちに肥満の人
成人後に減量しても
健康リスクの高い状態が続く


□■□■□■□■□■□■□

成長期の体は
一生の基礎

だからこその
データだと思います

詳細は以下の通り

おのでら 

□■□■□■□■□■□■□

Nagata氏らはこの研究に
米国全国規模の縦断研究のデータを使用

10代の青年1万2,300人を24年間追跡
BMI値を年齢や性別で調整したZスコアと
健康リスクとの関連を検討。

10代の時点でBMIのZスコアが高い群は
スコアが低い群に比較して
2型糖尿病の発症リスクが約9%高

30~40代まで追跡すると
心臓発作を起こすリスクが0.8%高く
健康障害のリスクが2.6%高

10代でBMIのZスコアが高かった群は
成人後の健康状態が
全般的に悪化する傾向

若いうちに肥満の場合は
成人後に減量しても
影響が続くことが示唆

Nagata氏
「10代の子をもつ親は
 定期的運動やバランス良いた食事など
 健康的な行動をとるよう勧めるべき」

体重・ウェルネスセンター所長の
Scott Kahan氏は
「親は子どもと健康的な食物を料理したり
 買い物や散歩などを習慣付けた方がよい」

2021-08-17 11:06:09

院長ブログ

 
PAGE TOP