東京都目黒区中根1丁目3-9 森戸ビル4F 各種保険取り扱い 電話番号 03-3718-7910

東京都,目黒区の鍼灸・整骨院【おのでら鍼灸接骨院】都立大学駅前。 学芸大学駅,自由ヶ丘駅,腰痛,肩こり,スポーツ障害等の治療。

院長ブログ

交通事故治療 詳しくはこちら
院長ブログ BLOG

Ameba

twitter

facebook

HOME»  院長ブログ»  院長ブログ»  腰痛はどうやって治す?

腰痛はどうやって治す?

腰痛はどうやって治す?

BMJ誌2021年7月8日号掲載

オーストラリアの
Aidan G. Cashin氏らの調査

急性腰痛では
非ベンゾジアゼピン系抗痙攣薬が
2週間以内に痛みの強さを
わずかに軽減
する

□■□■□■□■□■□

高度なヘルニアや
手術が必要な腰痛はともかく

急性腰痛で
薬なんて本気で
治るとお思いですか?

こんな論文を見るたびに
ため息しかでません。

が、とりあえず
紹介まで

おのでら

□■□■□■□■□■□

腰痛治療における
筋弛緩薬の有効性と受容性
安全性を評価する目的で
系統的レビューとメタ解析を実施

医学データベース使用
創設時から2021年2月23日までに
登録された文献を検索

対象
非特異的腰痛の
成人患者の治療において
筋弛緩薬をプラセボ、通常治療
介入待機、無治療と比較した
無作為化対照比較試験

レビューには49の試験
31試験がメタ解析対象

18種の筋弛緩薬について評価
29試験が非ベンゾジアゼピン系抗痙攣薬
11試験がその他の薬剤
5試験が抗攣縮薬
4試験はベンゾジアゼピン系薬の検討

急性腰痛では確実性が
「非常に低」のエビデンス

対照群と比較し
2週時または2週以内に
非ベンゾジアゼピン系抗痙攣薬は
疼痛強度の軽減と関連したが
機能障害の軽減は認められず

急性腰痛で
非ベンゾジアゼピン系抗痙攣薬は
有害事象のリスクを増加
受容性に及ぼす効果は殆ど無いか
全く無い可能性

2021-08-21 10:19:52

院長ブログ

 
PAGE TOP