東京都目黒区中根1丁目3-9 森戸ビル4F 各種保険取り扱い 電話番号 03-3718-7910

東京都,目黒区の鍼灸・整骨院【おのでら鍼灸接骨院】都立大学駅前。 学芸大学駅,自由ヶ丘駅,腰痛,肩こり,スポーツ障害等の治療。

院長ブログ

交通事故治療 詳しくはこちら
院長ブログ BLOG

Ameba

twitter

facebook

HOME»  院長ブログ»  院長ブログ»  精子の健康法?

精子の健康法?

精子の健康法?

「Human Reproduction」

コペンハーゲン大学教授の
Signe S. Torekov氏ら

男性は減量により
精子数が増加する可能性

□■□■□■□■□■□

Torekov氏らは今回
減量で精子濃度や運動率など
精液パラメーターの改善が
可能であるのか否かを検討

対象

BMI32〜43
18〜65歳の男性56人

低カロリー(1日800kcal)の
食事療法を8週間継続

後、対象者をランダムに
4群に割り付け
52週間以下を実施

【第1群】
週150分以上
中等度の有酸素運動
または週75分以上の
高強度有酸素運動を実施

【第2群】
リラグルチド(糖尿病薬)を
1日当たり3mg服用

【第3群】
上記両方を実施

【第4群】
いずれも実施せず

56人中47人が
8週間の食事療法を完了

食事療法により8週間後に
体重が平均16.5kg減
BMIは平均32.0±2.9低下

研究開始時と食事療法終了後に
採取した精液を比較
食事療法終了後平均で
精子濃度が1.49倍
精子数は1.41倍に増加

52週間後の精液の評価で
減量維持した約半数の対象者で
精子濃度も精子数も
高い状態が維持

が、再び体重増加男性では
精子の質が維持されず

Torekov氏
「体重減少及び維持が
 精子数の増加に
 大きな影響を及ぼすよう」


研究結果レビューした
NY大学の泌尿器科医
Bobby Najari氏
「過剰な脂肪組織が
 ホルモンに作用している可能性」

2022-07-15 09:52:37

院長ブログ

 
PAGE TOP