東京都目黒区中根1丁目3-9 森戸ビル4F 各種保険取り扱い 電話番号 03-3718-7910

東京都,目黒区の鍼灸・整骨院【おのでら鍼灸接骨院】都立大学駅前。 学芸大学駅,自由ヶ丘駅,腰痛,肩こり,スポーツ障害等の治療。

灸(きゅう)治療

交通事故治療 詳しくはこちら
院長ブログ BLOG

Ameba

twitter

facebook

灸(きゅう)治療とは

灸(きゅう)は、経穴(つぼ)と呼ばれる特定の部位に対して温熱刺激を与えることによって痛みなどに対応する伝統的施術です。もぐさを皮膚に乗せて火を点ける方法が標準とされていますが、種々の灸法が存在しています。

灸の起源は約三千年前の古代中国の寒い高原地帯の遊牧民の間で発達し、普及されていたと記されています。現代まで、民間療法的側面を強くしながら伝わっていきました。江戸時代には庶民生活のなかに溶け込み、町家での灸があたりまえでした。

「蛍火は川のせなかのやいとかな(野々口立圃)」などの俳句にも、背中にお灸をしていたことがうかがわれます。
灸治療にもちいる“もぐさ”は、ヨモギの葉の裏にある毛茸(もうじょう)という部分を集めたものです。
現在、もぐさには血圧下降作用・抗菌作用などがあると化学的に判明しています。
古来から、「気を理え、血をいかし、経脈を温め止血する。寒湿をさり冷痛を止め胎児を休らげる作用があるといわれています。
漢方薬ではヨモギの葉を止血・鎮痛薬・吐血・下痢・帯下・腹痛などに用いています。昔の人は自宅でヨモギを摘んできて、家庭でモグサを作っていたそうです。

温灸

一番上のお灸に比べると、大きなお灸ですが全部を燃やすわけではありません。患者さんが「熱い」と言った時点で取り除きます。
体が冷えている人、循環や代謝の悪い人に効果的な方法です。

特に、女性で慢性的に体が冷たく生理痛が強い方男性で子供のころからお腹が弱く、冷えると直ぐお腹を下す方に対しては、おへそにこのお灸を行います。

灸頭鍼

ハリをしたあとモグサのボールを作成し、ハリの頭につけて火をつけます。 ゆっくりと広範囲のツボを温めてより一層冷えた体を温めます。日光浴をしているようなポカポカした心地よい気分になります。

焦灼灸

いぼや魚の目などの上に直接お灸します。
細胞組織を焦灼破壊する目的で行います。

PAGE TOP